株初心者の方へ/デイトレードとは

株初心者の方へ/デイトレードとは


デイトレードとは、日本語では日計り商い(ひばかりあきない)のことであり、1日の市場が閉じる時には「買いポジション」も「売りポジション」も持たない取引を言う。


主に、株取引において使用される事が多い。


1日に複数回の取引を行い、細かく利益を積み重ねる売買手法である。


場合によっては、1日で数百万円〜数億円の利益を得られる(あるいは失う)など、これまでのトレード手法と比べ、即時性・ゲーム性・依存性が非常に強く、利益をあげ続けるためには高い熟練度を要する。


デイトレードを継続的に行う者を「デイトレーダー」と言い、本業としている者を「専業デイトレーダー」、兼業している者を「兼業デイトレーダー」という。


日中に頻繁に売買する点をさして、日計り専門でないスイングトレーダーも含めてデイトレーダーと呼ぶことが多い。


デイトレードの中でも、わずか数十秒〜数分の間に数ティック上下しただけで売買および反対決済を成立させる手法を指して「スキャルピング」と呼ぶ。


また、1日に何度も売買するデイトレードに対して、2〜10日程度の短期的な持ち越しを行う手法を、「スイングトレード」と呼んでデイトレードとは区別する。


それ以上の期間保有するとなると、短期投資または中長期投資になる。


現物株の売買においては、差金決済が禁止されているため、実際の手口としては同一銘柄を資金余力を超えて回転売買することは出来ない(現金取引の場合)。


この場合デイトレーダーの手口としては特定銘柄の売買を終了させ、ついで別の銘柄を手がけるといったループトレードの手法をとることが多い。




Copyright (c) 株初心者ネット株初心者入門講座. All rights reserved.


株初心者ネット株初心者入門講座サイトTOPへ

ミニ株/初心者入門

ミニ株/初心者入門


ミニ株とは、普通、証券会社で売買ができる株式は、まとまった単位でしか取引ができないようになっています。


例えば、●●株式会社なら100株単位でしか取引ができません。しかし、株式投資には”ミニ株投資”というものがあります。


このミニ株なら、株を売買単元の10分の1から取引できるようになっています。これはオフィシャルな制度ではなく、証券会社が独自に開発・提供しているサービスです。


ミニ株のどこがいいかといえば、普通の取引単位の10分の1の株数から買えるところです。


通常の株取引を始めるには何十万といった資金をつぎ込むのが普通です。


しかし、そんな問題をちょっとだけ解決してしまうのがミニ株なんです。


株には「単元」というものがあります。


「たんげん」とは売買の最低株数のことで、この株数からじゃないとこの銘柄の株は買えませんよってことを表す単位です。


株売買の仕方にも書いたとおり、ほとんどの株は、100株単位とか1,000株単位で買うことになります。


このようにちょっとの資金で株取引ができるのがミニ株最大の魅力です。


証券会社の中にはミニ株を扱ってないところもあります。


ミニ株を扱っている証券会社ならたいていは1,000以上のミニ株銘柄があるのでほとんどの企業のミニ株を買うことができます。


ただし、証券会社によってミニ株扱い数が違うのでそこらへんは注意が必要です。


多いところでは2,000以上のミニ株銘柄を扱ってるところもあります。


ミニ株は以下のデメリットがありますので、覚えておきましょう。

@手数料が高い

A取引できる証券会社が限られている

B取引できる銘柄が限られている

C指値注文ができない




Copyright (c) 株初心者ネット株初心者入門講座. All rights reserved.


株初心者ネット株初心者入門講座サイトTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。